Le Coffret

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

チワワの夏キャミ

f0207681_161859.jpg




つるっとした涼しそうな生地見つけたので
チワワにキャミを作りました。

突発的な行動をするので
お散歩に行く時はほとんどベルトハーネス着用のチワワ。
なので、お洋服を着て外に出る事はほとんどありません。
背中に穴あける訳いかないしねー。

f0207681_15264636.jpg


せっかくの手作りだから、たまには「そのお洋服可愛いね~~。」
とか誰かに言って欲しいのに。ねーチロルよ。

せめてこっち向いてよー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
by le_coffret | 2011-07-28 15:32 |

富山の氷見うどん

f0207681_17495594.jpg



富山の氷見うどん。
細麺と、もち麺ていうのを頼んでみました。

つるつるのモチモチなんですって(^u^)!

この前テレビショッピングでやってたんですけど
電話番号ひかえる前に終わっちゃったんですよね。

ネットで頼みました。

「今日届くでしょう?氷見うどん!夜それしてね。」
と主人が言い残していったで、今晩茹でます。

リクエストしてくれると、晩御飯作るのすごく楽です。
薬味刻んで、かき揚げかなんか揚げて添えればいいね。

どんなんだろう~楽しみ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
by le_coffret | 2011-07-26 17:54 | お料理

夏子の酒

f0207681_1294930.jpg


TSUTAYAのDISCUSを利用してるんですけど
借りる物が思い浮かばない時はドラマです。

主人に何か観たいのある?って聞くと

「夏子の酒借りてー。」

って事だったので、早速借りてみました。

私は2回目。
主人は初めて。

私っがすきー。て言う熊谷幸子さんの曲が主題歌。
この曲はたぶん、私が中学か高校の頃の曲なので、きっとお若い方は
記憶にないかもしれませんね。


東京でコピーライターの駆け出しだった和久井映見が兄(中井喜一)の遺志を
継いで、実家の酒蔵に戻り、当時幻の米だった、龍錦という酒米で酒造りに挑むんです。
製造も難しいんだけど、農薬を使わないで作る酒米にとっても苦労するんですよね。
幻の酒米の復活。夏子の酒の誕生の物語です。

制作に長い月日をかけたっていうのだけ覚えてたんですけど
その効果が十〇年経って尚一層引き立ちました。

いいドラマ。

好きな方はきっと美味しいお酒が飲みたくなりますよ。

舞台となったのは新潟の久須見酒造です。
「龍錦」となっている幻の酒米は「亀の尾」の事。

3年熟成の大吟醸は今年は抽選終わってしまったみたいですけど
来年は飲んでみたいな。
キラキラ七色に輝くお酒でしょうか。心で感じる事が出来るお酒かな。



ブログランキング・にほんブログ村へ
by le_coffret | 2011-07-24 12:48 | 映画

チワワのおトイレ事情

f0207681_18561315.jpg


台風が過ぎてチワワのお散歩にも困りません。
ワンコは毎日、お散歩楽しみにしていますものね。

さて、犬ってお散歩途中にだいたい同じ様な場所で排泄しませんか?
うちのチワワもお外ではポイントがあるみたい。
大きい方は特にそう。

もうしたくてしょうがない時でも、その排泄ポイントに向かって
短い足でタッタカタッタカ早足で向かいます。

タッタカ向かうのはいいけど。。。。。

すでにお尻から何か。。。出かかってるねん(ーー;)

ロングコートですけど、お尻の毛を短く刈ってるうちのコは丸見え
なんですよね。

家では「ワンツー」が排泄の掛け声なので、「もうそこでしたらいいよぉー。
ワンツーワンツー」と言っても、そう易々と出してなるものか!
とお尻の穴をきゅっと〆て一心不乱にそのポイントに向かいます。


そして、やっとポイントに到着して、3回まわってハイポーズー!


キョロキョロキョロキョロおもしろいくらいにあたりを警戒しながら用を足すのです。
誰がチワワの用を足すのを邪魔する者があろうか。


チワワなりに、色々とこだわりがある様です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
by le_coffret | 2011-07-20 19:35 |

夏は鰻

f0207681_13443214.jpg




おいしい鰻を食べに行きました。
openと同時に入りたかったので、早くから家を出ました。
素早く用意してささ~行きましょって感じで出掛ける。
食べる事となると急にフットワーク軽くなるね。

一番乗り~。と思いきや私達で満員。


オープンカウンターの鰻屋さんって珍しいでしょう。
目の前でバケツからうなぎをニョロっと出して
素早くクサッと刺してズルっと剥いて、ペロっと焼いてくれます。
さばいて焼いてくれる鰻屋さんって結構待ちますよね。
ここは15分くらいで出てくるの。

蒸さないで焼くので表面がサクサクっとした触感。
中はジューシー。臭みが全く残らないし、とっても美味しかった。

タレはカウンターに置いてあるんだけど、まず、かけずに食べて下さいね!
って事でしたので、そうする事に。
分かる分かる。鰻もそうだけど、ご飯がおいしいのでタレをかけちゃうの
もったいない気がしましたもの。

私達が出る頃には、表にたくさん並んでました。

カウンターだけのお店で、ゆっくり食べらえる雰囲気のお店では
ないんだけど、ただ、おいしい鰻をモクモクと食べに行くお店。

「すっごく美味しかったです!」
という言葉に、マスターのとろける様な笑顔が見れますよ。


今度は夜に行ってみましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
by le_coffret | 2011-07-17 17:45 | 美味しいお店

いい女

f0207681_21254424.jpg


「月曜日のユカ」

近所のカフェのオーナーさんが、カメラワークが素晴らしい
って前に言ってたので借りてみてみました。

白黒映画です。

主演(ユカ)は若かりし頃の加賀まりこ。

加賀まりこっていくつになっても、いい女ですねー。
小顔で適度な肉付き、小柄でヒールがよく似合う足。
大きなお目目、くしゃくしゃっとキュートに笑う。
それでいて、女性として、羨ましかったり妬ましかったりしないのは
媚びない性格のせいでしょうか。

ユカはとびきりキュートでした。
内容は決して爽やかではないんだけど、白黒映画なのに
古臭くないし、フランス映画をみてる様な。。。
この時代にこんなスタイリッシュな映像がよく撮れたなと
不思議な感じがする映画でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
by le_coffret | 2011-07-09 21:37 | 映画