Le Coffret

nostalgic Taiwan

f0207681_19544835.jpg


台湾に行ってました。
忘れないうちに少しずつUPしようと思います。

現地に着いて2日目は台北市内観光と九フンのナイト観光のツアーに参加しました。
台北市内から車で40分くらいでしょうか。
九フンは日本統治時代に金や炭鉱で栄えた町です。
日本では「千と千尋の神隠し」のモデルになったという事で有名ですよね。

バスの中でガイドさんが言ってたけど台湾の人、千と千尋あまり知らないんだって。
映画 「悲情城市 ひじょうじょうし」のイメージが強いみたい。


f0207681_2012876.jpg


湯ばあばの家のモデルになった「阿昧茶楼 あめちゃろう」喫茶店です。
湯ばあばのインパクトで家がどんなんだったか覚えてないけど(笑)。

f0207681_2094298.jpg


阿昧茶楼の周りがベスト撮影スポットになってるので、カメラを構えた人がいっぱい。
おばちゃん入っちゃったよー。

撮影時間は、これよりもう少しだけ青白く暗くなったくらいがいいでしょうね。

阿昧茶楼ではお茶とお菓子のセットを頂きました。
「緑豆糕」ていう日本の落雁の様な口の中でホロホロ解けるお菓子が美味しかったです。
あと甘い干し梅(日本でもたまに売ってるの見かけますよね)と薄焼きのゴマせんべいが出てきました。
お店の中も素敵で市内観光で疲れてたので、ほっこり出来ました。


九フンのメインストリートが365段ある(とガイドが言ってた)階段


f0207681_13361527.jpg


階段をまっすぐ進むと学校に、中間地点くらいで曲がると
基山街(ジーサンジェ)という長ーい商店街があります。

とっても狭いんですけど、トラックが時々通りますので注意して下さいね!とガイドさんが言ってました。
ほんと通れるんだろうか?って感じですけどね。
あらためて写真を整理してると、観光地とはいえ、山の中にこんな賑やかな場所があるって不思議ー。

f0207681_1435477.jpg


食堂とか

雑貨屋さん、お菓子屋さん、花文字って言って自分の
名前を腕の側面?で書いてくれる所とか、小さなお店がぎっしり並びます。

くさ豆腐を売ってるお店が近づくと息を止めて進みます。
これも、くさやとかと同じで好きな人にはたまらないのかなー。
違う意味でたまらないわ。


f0207681_14362534.jpg


台北市内もそうだけど、飲食店で普通に犬飼ってました。離し飼い!
夫に「触ったらアカン。」と言われたので触れ合いはしませんでしたけど、
みんな大人しくていいコでしたよ。みんな肉付きがいいの(笑)。絶対いーっぱいもらってるよー。
九フンでもたくさんワンちゃんをみました。何故かトイプードルが多かったです。
猫ちゃんはあまり見なかったかな。旅先で猫ちゃんいると結構盛り上がるんだけどね。



九フンのツアーは食事つき。あと帰りに夜市に寄ってホテルまで送り届けてくれました。
個人で行くには台北市内から結構距離があるし、ツアーは楽だしお得だと思う。
共同購入サイトで予約したんですけどリーズナブルでしたよ。

九ふんは旅番組やポスターで見る度に行ってみたいと思ってましたので、念願叶いました。



f0207681_8132511.jpg


始めて訪れたのに、どこか懐かしい




今日はここまで。
by le_coffret | 2012-07-20 06:00